髪の毛の発毛を促進

髪を触る手

頭髪に関するトラブルは、かねてから日本人の頭を悩ませ続けている。欧米諸国でも「薄毛」に関する悩みは存在するが、一旦退行した額を保つ努力よりも潔く剃り上げてしまうのが彼らの主流である。一方、日本人はというと、高額なカツラを購入したり、頭髪があるかのような錯覚を周囲に起こさせる薬剤を使用したりと、「隠ぺい」に奔走するという一面を強く持つ。 そんな日本で、一旦髪が抜けた頭皮から再び発毛させる技術を売りにしているのがリーブ21である。 そのリーブ21が現在、CMなどでも大々的に宣伝を行っているが「発毛ファーストステップ」である。薄毛の悩みをもつ年齢が若年齢化している昨今、その価格と内容の充実さから人気を集めているコースである。

薄毛にはいくつかの原因があると考えられている。病気、遺伝、食生活、ホルモン、薬の副作用などである。この中でも病気のカテゴリに含まれる「AGA」は、薄毛が発症する年齢の早さから、現代の若者の大きな悩みである。また、この悩みを解決するための通院や薬剤飲用には高額な治療費がかかる。この悪循環が薄毛対策への気後れに繋がってしまうのだが、近年日本では医療控除の対象に、「AGA」治療が含まれるようになっている。 この様な国の施策にも後押しされて、リーブ21は延29万人もの薄毛トラブルに対応した実績を持つ。対話によるカウンセリングや、実績が示す投薬の効果も、人気の秘密であろう。発毛に関する悩みは人間の永遠の悩みであると考えられてきたが、その永遠に歯止めかける事がリーブ21はできるような気がする。